パンフレットの制作と画像の重要性

パンフレットを制作する時に画像をどのように使うかは重要なポイントになってきます。単純に画像を使うということだけではなく、どのような画像を使うかで、そのパンフレットの価値も変わってくると言えるほどです。大切なのは、ただ画像を使うのではなく、文章を要約するような画像を入れることです。極端な話、文章を読まなくても画像だけで、言っている意味がわかるくらいが良いでしょう。その理由は、多くの人が長い文章を隅から隅まで読むことは、面倒であり、あまりしない行動と言えるからです。そういう意味でも、画像の持つ意味は重要で、読者を引きつけることができるかどうかの肝と言えます。また、画像である程度の内容を予測することができれば、その後文章を読んでもらう時にも、ある程度の予測がつくので、内容を理解しやすくなります。見た目を綺麗にする為ではなく、意味のある画像を使うことが大切です。

パンフレット制作とは

パンフレットは製本されていない装丁やハードカバーなどの付かない冊子のことを指します。両面印刷されたものを複数折り畳む形式のリーフレットと、折り目で綴じて簡単な本のようにするものとがあり、表紙を除いて5ページから48ページまでのものを言うとされています。主に商用利用されて来ていて、商品の解説書や指示書、マニュアル、催し物や宣伝用の資料、旅行案内を始めとして様々な分野や目的で使用されて来ています。広告代理店や印刷会社等がデザイナーに制作を依頼することが多いとされていて中には文面の編集などを依頼する場合もあるとされています。現在ではサイトからデザインを請け負う業者も多く出て来ており、A4の大きさのものから小冊子に至るまで制作が可能となっています。流れとしては予算やデザインに拘りたい場合、デザインとレイアウト、フィニッシュという企画立案から出発します。そして印刷サイズと色数、紙質、加工を決めて制作して納品されます。この間3週間から1ヶ月で料金も手ごろな価格で実現できます。

パンフレットの制作と校正の重要性

パンフレットを制作する上で、意外と忘れがちなのが校正の重要性です。レイアウトや内容をしっかりと作りこむことが重要なのは当然です。ただ、パンフレットは最終的に冊子の形にするわけですから、その出来栄えは校正が左右すると言っても過言ではありません。例えば、データ上では上手く表現できていたのに、いざ印刷してしまうと違う色に見えてしまうなんていうこともあり得ます。使用する用紙によって色の見栄えは変わってきますし、色の見え方によってイメージは大分違うものになります。そういう意味では、出来上がった内容物をしっかりと校正することが大切です。最近は、高性能のプリンターも販売されているので、確認をしながら制作を進めていくようにしましょう。最終的にパンフレットを何部作るかにもよりますが、大部数になるのであれば、失敗した時の損失も大きくなるので慎重に進めることが大切です。